耳の悩みに効く漢方薬とは

MENU

難聴の種類

難聴の原因ははっきりとわかっていません。
それは、様々な原因が複合的に重なって起こる場合があるからなんです。
医学的には、「伝音性難聴」と「感音性難聴」の種類があります。

 

伝音性難聴は、外耳または中耳の形成不全または機能不全により、音波が効率的に内耳に伝わらないために起こります。
一時的な機能不全であれば、外科手術や投薬により治療できるケースも多くあります。

 

感音性難聴は最も一般的なタイプの難聴です。
内耳または聴覚神経に原因があります。 内耳(蝸牛)に損傷があり、 蝸牛の有毛細胞が損傷しているために、神経電気インパルスを脳に送ることができないというのが一般的なケースです。

主な原因

外因性の原因として一般的なのはヘッドホンの使用による損傷です。
聴力の損傷は 85dB の持続した音を聞いているときすでに始まっています。
たとえば、コンサートや MP3 プレイヤーなど、大きな音で音楽を聴いた後、あまりよく聞こえないと感じることがあるかもしれません。
これは、聴覚器官の細かい有毛細胞が一次的に損傷を受けるためです。

 

コンサート、ディスコ、ヘッドフォンなどで大きな音の音楽を聴くことは、特に危険です。
たとえば、ヘッドフォンを使用した場合、音の強さは容易に 110〜120dB となります。
爆竹など突然の大きな爆発音も騒音性難聴を引き起こす原因となります。
大きな音の出る環境下にいることも特に危険です。
建設作業員、工場労働者、駐機場の作業員、ミュージシャンなどは、聴力保護具を着用する必要があります。

 

騒音ストレスはこのほかにも耳鳴りの原因となることもあります。
耳鳴りは、一方または両方の耳が、外部からの音がないにもかかわらず音を知覚している状態です。
つまり、音は聞こえていますが、実際にはその音は存在していないことを意味します。
耳の中で 「鳴っている」 と言われることも多くありますが、様々な音や大きさで聞こえます。

 

内因性の原因ではストレスや睡眠不足も要因となります。
ストレスや睡眠不足による緊張状態が続くと、血管が細くなったり、脈が乱れたりします。
すると、耳からの音を伝達する経路に障害を起こして耳鳴りを起こしたり、自律神経が乱れてめまいも同時に怒ったりします。
これが「突発性難聴」の症状です。
耳鳴りとめまい、吐き気などが同時に起こるのが特徴です。

 

これは若い人にも増えています。

小野さん32歳の場合
ある朝、起きたら右耳に水が詰まったような違和感があったんです。
気持ち悪い感覚はありましたが、それ以外はなんともなかったので普通に仕事に行って、気が付いたら収まっていました。
そんな日が何回かあって、ある時、突然右耳が聞こえなくなったんです。
急いで耳鼻科に行ってみると、突発性難聴の診断でした。
その時お医者さんに言われたのがストレス、過労によって起こるものだということです。
まさかストレスで耳が聞こえなくなるなんて、知らなかったのでびっくりしました。


おすすめの漢方薬とは

天然の植物のちから、「美聴泉」
耳鳴りやめまい、吐き気の原因は過労やストレス、不規則な生活などにあります。
そういった体の疲れ、緊張状態をほぐすことで症状は和らいでいきます。
美聴泉は植物由来の「ナギイカダエキス」「イチョウ葉エキス」「ビンカマイナー」「トケイソウ」を原料にした栄養バランスで穏やかな毎日をサポートします。
もちろん、耳鳴りやめまいの緩和に特化した配合だから即効性も高いんです。

 

愛用者の声
浅田さん 62歳
40代の後半から時々起こる耳鳴り、そしてめまいに悩まされてきました。
仕事中、寝る前など、ふとした瞬間に始まって、ぐわんぐわんとだんだん大きくなるんです。
年のせいか、と特に病院にもいかず放っておいたのですが、その後また特にひどくなったんです。
仕事中に発症して、めまいと吐き気でどうにも仕事ができず、早退することが頻繁に起こったんです。
そこで試したのが美聴泉。
これを飲むと1週間でスッキリ、まったく出なくなったんです。
体調も良くなって、以前より元気になりました。
そして気が付いたんです。
耳鳴りの原因はストレスとか過労だったんだなと。
それからは規則正しい生活にも気を付けて愛用しています。