耳鳴りはなぜ起こるのか

MENU

何とかしたい、耳鳴りの症状

「キーン」「ザー」「ザーザー」消えないこの音に悩まされている方は結構います。
自分にしか聞こえないので、周りの人にその苦しみを伝えることも難しいんですよね。

 

耳鳴りは様々な原因から起こります。
特につらいのはめまいや頭痛、吐き気が合わせて起こる場合ですね。
しかも、いつ起こるかわからない、そんな悩みを持つ人は意外と多くいます。

 

医学的には、耳鳴りは外耳道(耳の穴)→鼓膜→中耳→内耳→聴神経へと音が伝わる中のどこかに異常がある場合に起こります。
空気中の振動である音を脳で処理するのはとても繊細な働きで、ちょっとした異常でも聞こえにくかったり変な音が聞こえるようになったりします。

 

その中でも、「ザー、ザー」と水の流れるような拍動する音がする場合を、拍動性耳鳴といいます。
拍動性耳鳴は血液の流れる音が原因になっていることが多く、このような血液の流れる音による耳鳴を血管性耳鳴といいます。
血管性耳鳴にもいろいろなものがあるのですが、頭の中の血管の病気が原因でおこる場合や、心臓の病気でおこる場合もあるので、注意が必要です。

 

つまり、直接的に耳に異常がある以外にも、血流や脈による影響で耳鳴りが聞こえる場合があるのです。

 

そして、最近分かったのはストレスもその原因であるということです。
ストレスは体全体に緊張状態を生み、血管を収縮させたり、脈を乱れさせたり(不整脈)します。

 

そこから突発性難聴や、メニエール病(内耳の障害でリンパ液が溜まって起こる)といった病気にもつながる可能性があります。
これらの病気になると合併してめまいや頭痛、吐き気などの症状も起きてきます。

 

ですので、突然耳鳴りを感じるようになったり、めまいなどの症状も出るようになったら、仕事や生活の中にストレスの原因がないかチェックしましょう。
そしてできるだけその原因から距離を取って離れてみたり、睡眠をしっかりとって自律神経を正常に戻すことをしてみましょう。


主な耳鳴りの原因

・突発性難聴
突然耳が聞こえにくくなります。
耳鳴りやめまいも起きます。

 

・メニエール病
リンパ液が内耳に溜まって起きます。
難聴やめまい、吐き気などの合併症状も起きます。
ウイルスや内耳の循環障害などの原因があるとされていますが、はっきりとして原因は解明されていません。

 

・ストレス
過度なストレスにより脳の正常な働きができなくなると、音を敏感に感じで高音の耳鳴りが起こります。
そして一度意識してしまうとさらに大きな音に聞こえるようになり悪循環になります。

 

・加齢、老化によるもの
年を取ると耳が遠くなる、それが進むと耳鳴りになります。
内耳の蝸牛という場所の機能が低下してくると、高い音を聞き取りにくくなります。
すると、高い音を聞き取ろうと脳のセンサーが敏感になっていき、高音の耳鳴りが起こります。