耳鳴りに効く薬はある?

MENU

耳鳴りの緩和に効く成分とは

「キーン」「ザーザー」「ジージー」など、耳鳴りは突然起こるものと継続的に起きるものがあります。
耳の器官に異常がある場合は継続的にずっと鳴りますが、そのほかの原因で、ストレスや血流の異常、脈やリンパの異常の場合は突発的に起きます。

 

そしてめまいなどの症状も出ると、歩けなくなったり、仕事ができなくなったりと日常生活に支障が出ている人もいるのではないでしょうか。
そんな時におすすめの薬をご紹介します。

天然の植物のちから、「美聴泉」

耳鳴りやめまい、吐き気の原因は過労やストレス、不規則な生活などにあります。
そういった体の疲れ、緊張状態をほぐすことで症状は和らいでいきます。
美聴泉は植物由来の「ナギイカダエキス」「イチョウ葉エキス」「ビンカマイナー」「トケイソウ」を原料にした栄養バランスで穏やかな毎日をサポートします。
もちろん、耳鳴りやめまいの緩和に特化した配合だから即効性も高いんです。

愛用者の声
今村さん 60歳
40代の後半から時々起こる耳鳴り、そしてめまいに悩まされてきました。
仕事中、寝る前など、ふとした瞬間に始まって、ぐわんぐわんとだんだん大きくなるんです。
年のせいか、と特に病院にもいかず放っておいたのですが、最近また特にひどくなったんです。
そこで試したのが美聴泉。
これを飲むと1週間でスッキリ、まったく出なくなったんです。
体調も良くなって、以前より元気になりました。
そしてやっと気が付いたんです。
耳鳴りの原因はストレスとか過労だったんだなと。
それからは規則正しい生活にも気を付けて愛用しています。

【主な成分】
ナギイカダエキス
ナギイカダは地中海特有の温和な気候と豊かな自然の中から生まれたユリ科の常緑低木です。葉の先端が鋭い棘状になっているので、防犯などでも植栽されています。しかし、根から抽出されるエキスがハーブ大国ドイツでは、古くから使用されており、研究のもと、健康に良いものであることが知られるようになりました。
【ナギイカダ】
地中海特有の温和な気候と豊かな自然の中から生まれた、ユリ科の常緑低木です。

 

ビンカマイナー
ビンカマイナーは南欧に多く生息する多年生の植物、和名をヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)といい、日本では改正医薬品範囲基準で全草が食品と分類されています。欧米、特にヨーロッパでは古くから伝統的にハーブティーとして高齢者の健康維持のため利用されてきました。
20カ国以上で愛用されている天然成分です。
ビンカマイナーの主要成分である「ビンカミン」は20ヶ国以上で医薬品素材、または機能性食品として扱われておりますが、この「ビンカミン」という成分を含むのは自然界ではこのヒメツルニチニチソウだけです。

 

イチョウ葉エキス
イチョウの生命力に注目したドイツは、30年以上の研究のすえ緑のイチョウ葉に含まれるフラボノイドやギンコライドなどの成分が健康と深いかかわりがあることを発見しました。
古くから研究が進められている成分です。
主要成分はフラボノイドとギンコライドで、ドイツなどヨーロッパでイチョウ葉は安心できるハーブとして多く取り入れられています。

 

トケイソウ
パッションフラワーとも呼ばれ、古代から健康目的で利用されてきました。
体に優しいハーブとして世界中で愛用されています。

赤ブドウとオリーブ「太陽の恵み」

こだわったのは赤の成分、「アスタキサンチン」には抗酸化作用がビタミンEの1000倍、これにより疲れの元となるストレスや疲労を吹き飛ばします。
さらに、赤ブドウに含まれるポリフェノール、オリーブの栄養を高濃度に凝縮し、聞こえのいい毎日をサポートします。


主な耳鳴りの原因

・突発性難聴
突然耳が聞こえにくくなります。
耳鳴りやめまいも起きます。

 

・メニエール病
リンパ液が内耳に溜まって起きます。
難聴やめまい、吐き気などの合併症状も起きます。
ウイルスや内耳の循環障害などの原因があるとされていますが、はっきりとして原因は解明されていません。

 

・ストレス
過度なストレスにより脳の正常な働きができなくなると、音を敏感に感じで高音の耳鳴りが起こります。
そして一度意識してしまうとさらに大きな音に聞こえるようになり悪循環になります。

 

・加齢、老化によるもの
年を取ると耳が遠くなる、それが進むと耳鳴りになります。
内耳の蝸牛という場所の機能が低下してくると、高い音を聞き取りにくくなります。
すると、高い音を聞き取ろうと脳のセンサーが敏感になっていき、高音の耳鳴りが起こります。