サプリメントで子供の症状が緩和される

MENU

発達障害に効くサプリメント口コミランキング

発達障害、ADHDの特徴として、過集中怒りの感情をコントロールできない、人の話が理解できない、などがあります。
特に子供の間は、自制心を持つことも難しく、周囲の理解がないと子育ても難しい環境があります。
発達障害といっても、その中には自閉症、アスペルガー症候群や学習障害、注意欠陥、多動性障害など様々な種類があり、その脳の根本的なメカニズムの違いははっきりとはわかっていません。
そのため、特に子供のころは一概に発達障害児と決めることも難しく、2、3歳のころにその症状がみられても、成長とともに症状が落ち着いてくる場合もあります。

主な症状
・じっと座っていることができずすぐに立って動き回ってしまう
・我慢ができない、順番待ちができない
・今のことをすぐに忘れて違うことを始めてしまう

ここで大事なポイントとして、発達障害的な症状がある場合に、先天的な要因によるものなのか、脳の成長過程によるものなのかは簡単に見分けがつかない、ということです。
大人になってこれらの症状が続く場合は先天的なものであるともいえますが、今の社会では周囲に理解されるのは難しいでしょう。

 

脳の発達スピードは個人差がありますが、それを左右するのは食事の栄養が大きく関わります。
例えば、脳の成長に必要な栄養素としてDHAがあります。
これは魚に多く含まれるため、魚を普段からよく食べているかどうかで子供のころの脳の成長速度は変わります。
食生活が欧米化している現代では、昔よりも魚を食べない家庭も増えていて、それによって子供のころに落ち着きがない、注意欠陥が見られる、という事が増えている可能性もあります。
そこで、サプリメントとして、脳によい働きのあるサプリを飲んでおけば、落ち着き、リラックスを与え、怒り、癇癪(かんしゃく)をコントロールできるようになるかもしれません。
そんなサプリメントをご紹介します。
(※効果には個人差があります。また、根本的に症状がなくなるというお薬ではありません。)

コドモのミカタサプリ「コドミン」

かんしゃく、話が聞けない、こういった症状のあるお子さんが増えているおり、アスペルガー症候群やADHD、発達障害を疑われて心配されている親御さんも多いようです。
しかし、先天的なものだけでなく、脳の栄養不足も同じような症状を起こします。
例えば、自閉症の人はセロトニンという物質が脳内に少ないことがわかっています。
コドミンは「ホスファチジルセリン」のサプリです。
ホスファチジルセリン(PS)は、 大豆にわずか0.003%程しか含まれていないリン脂質の一種で、今、子どもの集中や記憶、行動の落ち着きをサポートするとして注目を浴びています。
ホスファチジルセリンは、食べ物では大豆にわずかに含まれていますが、きわめて微量なため、充分に補うことは難しい栄養素です。
コドミンは、このホスファチジルセリン(PS)を1粒あたり100mg配合しています。

愛用者の口コミ
小坂さん 35歳
幼稚園に通う子供が落ち着きがなく、先生の話が聞けないほどです。
多動症の疑いもあると言われたこともありましたが、先天的なものかどうかはこの時期は判断が難しいようです。
食事の栄養も大事だと言われて魚や大豆を多くとるようにしました。
でもまだ子供の好き嫌いもあるので、このコドミンを飲むようにしたんです。
子供にも飲ませやすいラムネ味だったので続けられました。
半年ほど飲ませると症状が落ち着いて話が聞けるようになったんです。
うれしかったです。

沖野さん 36歳
うちの子は注意散漫で物忘れがひどかったんです。
小学校になってからは持ち物が増えるので頻繁に忘れ物をしていました。
親が怒っても治るものでもないので接し方やどうすればいいのかとても悩みました。
ADHDの一種かもと心配になり、いろいろネットで調べていたところこのコドミンを見つけました。
脳の栄養で改善できるかもと思い買ってみたんです。
ラムネ味なのでお菓子として渡せるので助かりました。
それから半年ほどすると自分で学校の準備ができるようになり、時間も守れたり、友達と約束しても覚えていられるようになりました。
脳の成長もあるのだと思いました。

小学生には【デキスギジュニア】

イチョウ葉エキスは脳の血流をアップし酸素や栄養が運ばれるサポートをしてくれます。
勉強やスポーツで集中したいお子さんのためのサプリです。
いちょうは、地球上で最も古くからあるといわれている植物の一種。およそ2億年前から存在し続けるほど非常に強い生命力があります。
このいちょう葉に含まれる特長成分がフラボノイドとテルペンラクトンです。血小板凝集抑制、血管拡張、抗酸化など多角的に作用し、それらの相乗効果で血液をサラサラにし、血流を改善する働きがあるといわれています。
脳はほかの臓器に比べて大量の酸素を必要とします。
そのため血流を改善することが、脳に十分な酸素や栄養を運び、脳機能を助けることにつながるのです。
30〜59歳の健康な男女を対象とした試験では、いちょう葉エキスを1日当たり120mg摂取することで、短期記憶に対し効果がみられたという結果が出ています。

 

愛用者の口コミ
龍ちゃんママ 33歳
子供が小学3年生でだんだん学校の勉強が大変になってきていました。
なんといっても集中力が続かず、担任の先生からも指摘を受けていたんです。
脳の栄養も関係があると思いこのサプリを始めました。
すると、しっかり授業が聞けるようになり、テストでも100点を取ってくるようになりました。

キッズサプリを選ぶ際の注意点

子供向けと大人向けではサプリの選び方は異なります。
以下の点に注意して選びましょう。

・子供向けに作られた商品かどうか
配合量が多すぎると場合によっては危険な場合もあります。
多くのサプリメントは成人向けの配合量のため、市販のものでも子供向けに作られたものを選びましょう。

 

・保存料・着色料が含まれていないか確認する
・用量を守る、飲みすぎない
・大人が管理し、子供の手の届かない場所に保管する

脳にいい成分とは

コリン
コリンは、ビタミンBの一種と考えられている水溶性のビタミン様作用物質で、リン脂質の構成物質です。
コリンは副交感神経が働いたときに分泌される神経伝達物質の一つで、血管を拡張し、血圧を下げる働きがあります。
つまりコリンは、レシチンを作り出すことで脂肪肝や肝硬変の予防、アセチルコリンを作り出すことで動脈硬化や高血圧の予防、自律神経の調整に役立つというわけです。
コリンは脳内の記憶を形成する部分に働きかけて記憶力を高める作用があり、アルツハイマー病患者の多くはコリンが不足しているというデータもあります

 

亜鉛
血液中の亜鉛は ほとんどアルブミンなどの蛋白質と結合していて、免疫機能に関係します。
また 糖代謝にも必要でインシュリンの合成や作用発現に必須のミネラルです。
亜鉛の欠乏症は子供では成長障害・鉄欠乏性貧血の原因となります。
カキ・レバー・ウナギ・カシューナッツ・たらこ・ホタテ・アーモンドなどに多く含まれます。

 

ビタミンB
タミンB群は健やかな心に抜群の効果を発揮します。
「心」をつくるタンパク質。
心はタンパク質が材料となってつくられます。
嬉しい、楽しい、やる気を感じられる。
健やかな心を保つのにビタミンB群は必須アイテムと言えるでしょう。
日本人の主食のご飯やパン、砂糖などの糖質が分解されエネルギーとなる過程で必要となるのがビタミンB1です。
ビタミンB1が不足すると、いくら糖質をたくさん摂取したところで、エネルギーに変えることができず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。
私たちの脳や神経機能を正常に保つためにも十分なエネルギーが必要です。
エネルギーが不足すると精神が不安定になり、イライラしたり集中力が失われたりといった症状があらわれます。
ビタミンB群を多く含む食品は、酵母やレバー、未精製の穀物、肉、魚介類、野菜などです。

 

リジン
リジンとは、必須アミノ酸のひとつで、人体を構成するたんぱく質の組み立てに必要な栄養素です。肉などの動物性たんぱく質に多く含まれています。ブドウ糖の代謝を良くして集中力を高めたり、カルシウムなどの吸収を促進するほか、肝臓機能の強化などの効果が確認されています。
たんぱく質の吸収を促進させ、ブドウ糖の代謝を良くして疲れをとり集中力を高める効果や、骨を丈夫にするカルシウムの吸収を促進する働きを持っており、健康的な生活を送るためには欠かすことのできない栄養素です。
肉類(その中でも鶏肉が良いとされている)や魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や豆腐などの大豆製品、豆類からの摂取が基本となります。

 

クレアチン(bcaa) バリン、ロイシン、イソロイシン
体内では合成されず、必ず食物から補給しなければならないアミノ酸。
イソロイシンはタンパク質、特に筋肉をつくるのに大切な必須アミノ酸です。ヘモグロビンを形成するのに必要なアミノ酸です。
バリンは不足すると食欲を低下させ、栄養不良の悪循環を引き起こすと考えられています。

 

イノシトール
イノシトールは、ホスファチジルイノシトールというリン脂質の構成成分です。
リン脂質は細胞膜に含まれている成分で、特に神経細胞の膜に多く存在しています。リン脂質は脳細胞に栄養を供給したり、神経の働きを正常に保つ働きを担っています。
したがって、リン脂質の構成要素であるイノシトールは、神経の伝達や脳の活動を正常に保つ上で欠かすことのできない成分といえます。
近年では、1日10g以上のイノシトールの大量摂取により、パニック症候群や強迫性障害の治療に有効性が示唆されるといった脳機能改善の報告もなされています。

 

レシチン
レシチンは、私たちの身体の細胞や細胞膜に必ずある重要なものです。レシチンには、脳機能を活性化し、記憶力を高める働きがあります。
レシチンを多く含む食品としては、卵黄・大豆・ごま油・小魚・ウナギ・レバーなどが挙げられます。豆腐・納豆など子供が食べやすい大豆製品にも含まれています。

脳の成長にいい食品

DHAを多く含む食品
マグロ、サンマ、ブリ、サケ、サバなどの魚介類。
魚介類以外にはほとんど含まれていません。

 

GABAが摂れる食品
玄米、キムチ、メロン、大豆。

 

チョコレート
チョコレートに含まれるカフェインの一種である、テオブロミンは、カフェインのような興奮状態は起こさないものの、大脳皮質を刺激して、集中力、記憶力、思考力を高め、やる気を出す成分です。

 

また、チョコレートに含まれる、ビタミンE、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどは、脳の代謝に必要な栄養群です。抗酸化作用のあるポリフェノールも、認知症に役立つと近年注目されているんですよ。

 

ブロッコリー
ブロッコリーは、認知症予防に最も効果的な食材といわれています。抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eといった栄養素が他の野菜よりも多く含まれていて、脳の活動を助けるビタミンB群も豊富だからです。
脳に良いビタミンB 群は、コリンやビタミンB6、葉酸など。コリンから作られる「アセチルコリン」という神経伝達物質が脳の記憶力を高め、ビタミンB6と葉酸は、増え過ぎると危険な「ホモシステイン」という物質の代謝を促す役割を担っています。